【窓フィルム施工エリア】神奈川県全域・東京都(世田谷区・渋谷区・港区・目黒区・中央区・新宿区・千代田区・町田市)・静岡県東部(伊豆)
Every day film construction.

窓ガラスフィルム施工  FILMCLAN


【神奈川本社】 〒242-0001 神奈川県大和市下鶴間2889-17

【東京営業所】 〒158-0094 東京都世田谷区玉川3-20-2 マノア玉川第3ビル5F 

どうぞお問合せください

0120-703-244
お電話受付時間
9:00~19:00

施工事例

透明飛散防止フィルム(透明UVカットフィルム)

無色透明のガラスのまま、外観を変えることなく防災対策として。

※透明飛散防止フィルム(透明UVカットフィルム)の施工写真は、施工しても外観に変化がないため、施工後の写真のみ掲載しています。

保育園

使用フィルム▶︎ SN50(グラフィル)

保育園

使用フィルム▶︎SN50(グラフィル)

オフィス

使用フィルム▶︎ SN50(グラフィル)

マンション

使用フィルム▶︎SN50(グラフィル)

戸建住宅

使用フィルム▶︎SH2CLAR(3M)

病院

使用フィルム▶︎SN50(グラフィル)

保養所

使用フィルム▶︎SH2CLAR(3M)

マンション

使用フィルム▶︎SN50(グラフィル)

戸建住宅

使用フィルム▶︎SN50(グラフィル)

マンション

使用フィルム▶︎SN50(グラフィル)

遮熱フィルム

視界を維持して、暑さ対策と紫外線対策を。

マンション(共用部)

施工前

既存ガラス▶︎強化ガラス

施工後

使用フィルム▶︎NS60(グラフィル)

施工前

既存ガラス▶︎強化ガラス

施工後

使用フィルム▶︎NS60(グラフィル)

施工前

既存ガラス▶︎強化ガラス

施工後

使用フィルム▶︎NS60(グラフィル)

マンションオーナー様のご希望は、マンション共用部分の紫外線対策(日焼け・色褪せ)と、マンションご入居者様へ暑さを緩和して快適な空間をご提供されたいという事から、NS60をお選びいただきました。明るい時間帯に室内側から外を見ると色が付いたような印象はありませんが、外から室内側を見ようとすると少し見づらくなります。逆に夜は、室内側から外が見づらくなります。透明遮熱フィルムの中ではとても色の濃い部類に入ります。

戸建住宅

施工前

既存ガラス▶︎複層ガラス

施工後

使用フィルム▶︎NS60(グラフィル)

施工前

既存ガラス▶︎強化ガラス

施工後

使用フィルム▶︎NS60(グラフィル)

グラフィルのNS60は、明るい時間帯に外から室内を見ようとすると、鏡のようになるとまでは言えませんが、とても覗きづらくなります。室内から外を見た時は、ほぼ透明のガラスのままです。しかし夜になり外から室内を見るとよく見えて、室内から外を見ると写り込みが強いため外の景色を見づらくなります。夜の景色を大切にされている場合はおすすめ出来ません。透明度を保ちながらの明るい時間帯の暑さ対策に関しましては、とてもおすすめのフィルムです。外から見ると角度によってゴールド調になるので、ギラギラとは違う雰囲気も演出してくれます。

戸建住宅

施工前

既存ガラス▶︎複層ガラス

施工後

使用フィルム▶︎NS60(グラフィル)

施工前

既存ガラス▶︎強化ガラス

施工後

使用フィルム▶︎NS60(グラフィル)

戸建住宅が立ち並ぶ閑静な住宅街でも、グラフィルの「NS60」であれば、景観を崩す事なく窓周辺の遮熱に役立ちます。透明遮熱タイプとミラー遮熱タイプの中間のような外観になるので、明るい時間帯には、室内を覗きづらくする効果もあります。しかし、それはプラスαであり、目隠し目的にフィルム施工をお考えの場合には、もう少し色の濃い(可視光線透過率が低い)フィルムをオススメします。

マンション

施工前

既存ガラス▶︎フロートガラス

施工後

使用フィルム▶︎NS70(グラフィル)

透明度を残しながら窓からの眺めを維持するため、グラフィルの「NS70」なら透明遮熱フィルムの中でも特に低価格でご提供する事が出来ます。「NS70」を施工するとほんの少し色がつきますが、ほとんど気にならないレベルの仕上がりとなります。数ある透明遮熱フィルムの中でとても低価格ですが、もちろん飛散防止とUVカットも備わっています。

マンション

施工前

既存ガラス▶︎複層ガラス(外側網入り)

施工後

使用フィルム▶︎NS60(グラフィル)

施工前

既存ガラス▶︎強化ガラス

施工後

使用フィルム▶︎NS60(グラフィル)

グラフィルの「NS60」は「NS70」よりも色が濃くなりますが、その分、遮熱効果も高くなります。まぶしさを緩和するような遮光効果はありませんが、透明度を残して出来る限り暑さ対策をされた場所におすすめのフィルムです。また、日射吸収率が少ないため、熱割れ現象の心配も少ない製品となっていて、大きい網入りガラスなどにも広く対応します。

マンション

施工前

既存ガラス▶︎複層ガラス

施工後

使用フィルム▶︎NANO80S(3M)

お客様のご希望は、室内からの眺めをほとんど変える事なく暑さ対策をされたいという事で、3Mスコッチティントの「NANO80S」をお選びいただきました。「NANO80S」は透明遮熱フィルムの中でも、とても日射反射率が低くガラスの景観をほとんど変えません。

ミラーフィルム(遮熱フィルム )

窓際の暑さを軽減、明るい時間帯のプライバシー保護としても。

見た目を気にせず、窓周辺の暑さ・まぶしさなどを抑えたいという方におすすめです。

戸建住宅

施工前(屋外)

既存ガラス▶︎フロートガラス

施工後(屋外)

使用フィルム▶︎RSP15(グラフィル)

施工前(室内)

既存ガラス▶︎フロートガラス

施工後(室内)

使用フィルム▶︎RSP15(グラフィル)

お客様の施工目的は「目隠し」「中から外は見えるけど、外から中は見えないように」「暑さ対策」という事でした。このような場合、弊社では、グラフィルの「RSP15」をおすすめしています。お客様によって感じ方は異なりますが、ミラーフィルムのもっとも濃いタイプを施工すると、暑さがとても和らぐ事に驚かれることは多いです。また、色が人間の目に見える光=可視光線のカット率が高いフィルムほど室内での日焼け対策としても有効です。

戸建住宅

施工前

既存ガラス▶︎LOW-Eガラス

施工後

使用フィルム▶︎アンバー35RE(3M)

施工前

既存ガラス▶︎LOW-Eガラス

施工後

使用フィルム▶︎アンバー35RE(3M)

3Mスコッチティントの「アンバー35RE」は、遮熱・遮光・目隠し(屋外側が明るい時間帯)・紫外線カット・飛散防止効果など、多くの性能を備えています。暑さ対策のためにフィルムを選択する際には製品仕様の「遮蔽係数」という項目の数字が指標となり、その数字が0に近いほど遮熱性能が高いという事になります。アンバー35REの遮蔽係数は0.31とあって、暑さ対策に期待できます。

戸建住宅

施工前

既存ガラス▶︎防犯ガラス

施工後

使用フィルム▶︎アンバー35RE(3M)

施工前

既存ガラス▶︎LOW-Eガラス

施工後

使用フィルム▶︎アンバー35RE(3M)

お客様のご希望は、外からの覗き防止対策として、各フィルムの中から建物外観に合う色味だけでお選びいただいた結果、3Mの「アンバー35RE」の施工となりました。外が明るい時間帯には、室内から外側がよく見えて、外側からは室内が覗きにくくなります。夜はブラインドやカーテンなどを閉めていただければ問題ありません。弊社では目隠しに、グラフィルの「RSP15」がもっともよく出ますが、ミラー感が強力なため外観にそぐわない場合、「アンバー35RE」がおすすめです。

オフィス

施工前

既存ガラス▶︎網入り型板ガラス

施工後

使用フィルム▶︎シルバー15X(3M)

施工前

既存ガラス▶︎網入り型板ガラス

施工後

使用フィルム▶︎シルバー15X(3M)

会社事務所の会議室にて、遮熱および遮光を目的としてのフィルム施工です。元々、外貼り用の遮熱ミラーフィルムが貼られていましたが、経年劣化によって剥がれてしまい、遮熱効果を失った事と同時に外観も悪くなり、さらに掘り下げると、フィルムの飛散防止性能とUVカット効果も失っています。既存のフィルムを剥離し、新たに3Mスコッチティントの外貼り用フィルム「シルバー15X」を施工しました。窓ガラスフィルムは基本的に室内側に貼る事が多いですが、現場状況に応じて外に貼る事がありますが、その際には必ず外貼りに対応しているフィルムを貼ります。

戸建住宅

施工前

既存ガラス▶︎複層ガラス

施工後

使用フィルム▶︎RSP15(グラフィル)

施工前

既存ガラス▶︎複層ガラス

施工後

使用フィルム▶︎RSP15(グラフィル)

お客様のご希望は目隠しと暑さ対策です。休日の明るい時間帯に出来る限り外から室内が見えず、中からは外がよく見えて、それでいて暑さを和らげたいという事からグラフィルの「RSP15」の施工に至りました。弊社取り扱いの遮熱ミラーフィルム の中で、グラフィルの製品は低価格でありながら、大手メーカーに引けを取らない性能を誇ります。最大限の目隠し・遮熱には「RSP15」がおすすめです。

戸建住宅

施工前

既存ガラス▶︎複層ガラス

施工後

使用フィルム▶︎LOW-E 20シルバー(3M)

施工前

既存ガラス▶︎複層ガラス

施工後

使用フィルム▶︎LOW-E 20シルバー(3M)

夏の暑さ対策(遮熱)と、冬の寒さ対策(断熱)に、総称して「断熱フィルム」というタイプがあります。夏場は外から流入する暑さをカットし、冬場は室内から逃げていく暖かい空気が逃げて行く事を緩和させます。外観は変わってしまっても良いという事から3Mスコッチティントのミラータイプ断熱フィルム「LOW-E 20シルバー」にされました。見た目は通常のもっとも濃いシルバーのミラーフィルム です。断熱フィルムの種類はとても少ないですが、ミラータイプではなく透明度の高い断熱フィルム「LOW-E 70」なども存在します。

マンション

施工前

既存ガラス▶︎フロートガラス

施工後

使用フィルム▶︎RSP35(グラフィル)

施工前

既存ガラス▶︎フロートガラス

施工後

使用フィルム▶︎RSP35(グラフィル)

室内の色褪せ対策・お肌の日焼け対策・暑さ対策にグラフィルの「RSP35」の施工です。日焼けや色褪せは、紫外線だけではなく、可視光線(目に見える光)も影響します。その可視光線を抑えるためにはある程度、フィルムの色が濃いものを選択しなければなりません。「RSP15」の方が可視光線透過率は低く遮熱効果も高くなりますが、それだと少し暗くなる感じがするという事から「RSP35」の施行に至りました。明るい時間帯は外から見るとほとんど鏡のようになっていて、室内を覗きにくくする効果もあります。

目隠しフィルム(遮熱フィルム・遮光フィルム・デザインフィルム)

外から見られたくない部屋に。または外にいる人への主張。室内の空間をランクアップ。

レストラン

施工前

既存ガラス▶︎フロートガラス

施工後

使用フィルム▶︎GF-718(サンゲツ)

施工前

既存ガラス▶︎フロートガラス

施工後

使用フィルム▶︎GF-718(サンゲツ)

施工前

既存ガラス▶︎フロートガラス

施工後

使用フィルム▶︎クラウド(3M)

港区西麻布のレストランにて目隠しフィルムの施工です。こちらのお店では、お客様が人目を気にせず楽しむ時間を過ごせるようにというオーナーシェフ様の思いから、通りに面している窓ガラス全体に目隠しフィルムを施工されました。エントランスドアには3Mファサラのグラデーションフィルム「クラウド」、室内空間正面の窓ガラスにはサンゲツの半透明フィルム「GF-718」を。しっかり目隠しはしたいけど、営業している様子は外を歩く人に伝えたい場合に「GF-718」は、とてもおすすめです。

リラクゼーションスペース

施工前

既存ガラス▶︎強化ガラス

施工後

使用フィルム▶︎ミルキーミルキー(3M)

施工前

既存ガラス▶︎強化ガラス

施工後

使用フィルム▶︎ミルキーミルキー(3M)

リラクゼーションスペースは、リラックスするために、いつもとは違う空間である必要があります。このような場所には、可視光線透過率が低く、色の濃いフィルムがベストかもしれません。このようなフィルムを施工する際には4辺の隙間を狭くカットして納める必要があります。技術が問われます。

戸建住宅

施工前

既存ガラス▶︎外側網入り複層ガラス

施工後

使用フィルム▶︎FC-01(グラフィル)

施工前

既存ガラス▶︎外側網入り複層ガラス

施工後

使用フィルム▶︎FC-01(グラフィル)

外から入ってくる明るさは遮りたくないけれど、どうにか目隠しをされたいという事から、グラフィルの「FC-01」の施工に至りました。このフィルムは、可視光線透過率(目に見える光が室内に入ってくる量を表す数値)が、通常の透明飛散防止フィルムとほぼ変わらないため、部屋を暗くする事はありません。また、他のフィルムと同様、飛散防止性能・UVカット効果も備えています。

戸建住宅

施工前

既存ガラス▶︎LOW-Eガラス

施工後

使用フィルム▶︎GF-718(サンゲツ)

施工前

既存ガラス▶︎LOW-Eガラス

施工後

使用フィルム▶︎GF-712(サンゲツ)

部屋のデザインや用途によって、施工するフィルムを変える場合もあります。リビングは出来るだけ日が射すように、寝室には確実な目隠しを、防犯面が弱い場所には防犯フィルムを。

保育園

施工前

既存ガラス▶︎フロートガラス

施工後

使用フィルム▶︎NANOイルミナ(3M)

施工前

既存ガラス▶︎フロートガラス

施工後

使用フィルム▶︎NANOイルミナ(3M)

横浜市神奈川区の保育園の応接室にて、目隠しと遮熱性能を備えた3Mのグラデーションフィルム「NANOイルミナ」の施工です。既存は、透明飛散防止フィルムが全ガラスに貼られており、いくつかのガラスにはご自分で貼られたスモークフィルムが重ね貼りされていました。劣化によるさざなみ現象や気泡が出来てしまい、外の様子も鮮明に見えず、見栄えがよくないものとなっていました。そうなってしまうと確かな飛散防止性能やUVカット効果も損なわれます。「NANOイルミナ」は暑さカットの指標となる遮蔽係数が0.60ですので、高い遮熱性能にも期待できます。

施工前

既存ガラス▶︎フロートガラス

施工後

使用フィルム▶︎ミルキークリスタル(3M)

施工前

既存ガラス▶︎フロートガラス

施工後

使用フィルム▶︎ミルキークリスタル(3M)

保育園の2階に移動する階段スペースの採光窓には、目隠しと遮熱・遮光性能を備えた3Mの外貼り対応フィルム「ミルキークリスタル」の施工です。暑さをカットする指標となる遮蔽係数は0.49(0に近いほど遮熱性能が高い事を表します)、可視光線透過率は0.26(目に見えて入ってくる光を表す数値で0に近いほど遮光性能が高い事を表します)となり、暑さ・まぶしさを緩和、そして確実にプライバシーを守ります。当然、飛散防止性能とUVカット効果も備えています。

宿泊施設

施工前

既存ガラス▶︎網入りガラス

施工後

使用フィルム▶︎アルタイル(3M)

施工前

既存ガラス▶︎網入りガラス

施工後

使用フィルム▶︎アルタイル(3M)

銀座で外国人向けの簡易宿泊所を展開するにあたり、窓ガラス部分の目隠しのため、和をモチーフとした3Mファサラのデザインフィルム「アルタイル」をお選びいただきました。3Mファサラシリーズからは、和の要素を落とし込んだデザインフィルムが7種類あります。建物の用途に合わせてとても多くのフィルムがあります。

施工前

既存ガラス▶︎網入りガラス

施工後

使用フィルム▶︎MT-01(グラフィル)

こちらのスペースはトイレになる事から、シンプルに外からの視線を遮断する事を目的とするため、グラフィルの「MT-01」の施工となりました。

企業保養所

施工前

既存ガラス▶︎フロートガラス

施工後

使用フィルム▶︎ミルキーミルキー(3M)

某大手企業様の熱海にある保養所の浴室目隠し施工です。既存のフィルムが上部から湿気を吸い込み、外観が悪くなっていました。本来、窓ガラスフィルムは湿気の多い場所には対応していないので、そのような事から、急速な劣化に至ったと考えられます。

戸建住宅

施工前

既存ガラス▶︎複層ガラス

施工後

使用フィルム▶︎クラウド(3M)

お客様のご要望は、ご自宅の目の前の道路からの視線の遮断です。しかし、光はしっかり取り入れたいとの思いもあり、出来る限りごく自然に目隠しをされたいとの事から、3Mファサラのグラデーションフィルム「クラウド」をお選びいただきました。グラデーションになっているためデザインが自然に消えて行き、とても優しい印象を与えます。3Mファサラのグラデーションフィルムは12種類あります。

オフィス

施工前

既存ガラス▶︎フロートガラス

施工後

使用フィルム▶︎C-714(フォグラス)

施工前

既存ガラス▶︎強化ガラス

施工後

使用フィルム▶︎C-714(フォグラス)

オフィスなどで、太陽光が直接当たらないガラスなどには、フォグラスの目隠しフィルムがとても頻繁に使用されます。しかし、このフィルムには飛散防止性能は備わっていません。

戸建住宅

施工前

既存ガラス▶︎複層ガラス

施工後

使用フィルム▶︎GF-713(サンゲツ)

施工前

既存ガラス▶︎複層ガラス

施工後

使用フィルム▶︎GF-713(サンゲツ)

住宅において、カーテンレールなどが無い窓ガラスには、半透明フィルムや乳白色フィルムが多く使用されます。そして色が濃いほどに可視光線を遮る事が出来るので、遮光性能および遮熱性能、お肌の日焼け対策、室内内装の色褪せ対策として、とても有効です。サンゲツの「GF-713」は発色が美しく、適度に光が差し込むけれど、確実に目隠しをしてくれます。

戸建住宅

施工前

既存ガラス▶︎複層ガラス

施工後

使用フィルム▶︎クラウド(3M)

戸建住宅

施工前

既存ガラス▶︎型板複層ガラス

施工後

使用フィルム▶︎フロスト・シルバー1(3M)

フィルムを施工する前はダンボールを窓に貼り付け遮光されていました。しかし、見栄えが悪いこともあり、遮光目的として「フロスト・シルバー1」をお選びいただきました。このフィルムを施工する事で、遮熱・遮光・目隠し・紫外線カット・飛散防止効果などを得る事ができます。ただし、既存のガラスが透明タイプの場合、景色が完全に見えなくなってしまうので、窓ガラスから視認性を残したい場合にはおすすめできません。

飲食店

施工前

既存ガラス▶︎フロートガラス

施工後

使用フィルム▶︎スコッチカルフィルムJ(3M)

オフィス

施工前(屋内側)

既存ガラス▶︎フロートガラス

施工後(屋内側)

使用フィルム▶︎ホワイトボードフィルム(3M)

施工前(屋外側)

既存ガラス▶︎フロートガラス

施工後(屋外側)

使用フィルム▶︎ホワイトボードフィルム(3M)

飲食店

施工前

既存ガラス▶︎フロートガラス

施工後

使用フィルム▶︎ミルキーホワイト(3M)

防犯フィルム

厚みのあるフィルムで空き巣対策。

※防犯フィルムの施工写真は、施工しても外観に変化がないため、施工後の写真のみ掲載しています。

戸建住宅

使用フィルム▶︎SH15CLAR-A(3M)

戸建住宅

使用フィルム▶︎URTLA S2200(3M)

戸建住宅

使用フィルム▶︎SN350(グラフィル)

戸建住宅

使用フィルム▶︎SN350(グラフィル)

戸建住宅

使用フィルム▶︎SN350(グラフィル)

戸建住宅

使用フィルム▶︎SN350(グラフィル)


お電話でのお見積もり依頼・お問い合わせ
0120-703-244

お電話受付時間:9:00~19:00(土日祝日もご対応)