【窓フィルム施工エリア】神奈川県全域・東京都(世田谷区・渋谷区・港区・目黒区・中央区・新宿区・千代田区・町田市)・静岡県東部(伊豆)
Every day film construction.

窓ガラスフィルム施工  FILMCLAN


【神奈川本社】 〒242-0001 神奈川県大和市下鶴間2889-17

【東京営業所】 〒158-0094 東京都世田谷区玉川3-20-2 マノア玉川第3ビル5F 

どうぞお問合せください

0120-703-244
お電話受付時間
9:00~19:00

防災対策(飛散防止フィルム)

飛散防止フィルム m2/¥6,500〜

災害時の事業継続などを見据えた防災計画はお済みででしょうか?

ガラスは、私たちにとってかけがえのない存在であり、私たちの生活からは切っても切れないものです。どこにでも当たり前に存在するガラスですが、地震や台風による強風などの自然災害の際には、簡単に割れてしまい、鋭い破片となって凶器となります。それに備え今から確かな防災計画を見直し、災害対策として飛散防止フィルムを貼る事で、災害時に大きな破片が飛び散る事を抑制できます。

「飛散防止フィルム」を貼っておく事で、何らかの災害時に割れたガラスが直接当たる事や、避難する際に割れたガラスを踏んでしまうなどの様々な危険を防ぐことに繋がります。

※飛散防止フィルムを貼る事でガラスの強度が上がるという事ではありませんのでご注意ください。窓ガラスの防災対策の一つとして推奨いたします。

飛散防止フィルムを貼っていないと・・・

  • 地震災害時、割れたガラスは鋭い破片となって飛び散り、接触した際に怪我をする恐れ。
  • 各種店舗が入る商業ビルやオフィスビルなどでは、災害によって割れたガラスが歩道に落下して起こりうる二次災害。
  • 各種店舗や製造工場では、割れたガラスの粉塵による生産設備のトラブル。
  • ガラス粉塵による電産機器、PCにおけるシステムトラブル。
  • 窓ガラスの破損による環境変化に伴う品質悪化。
  • 避難経路遮断、その後の事業継続に影響を及ぼす可能性。

けれど、確かな防災計画を準備する事で万が一の際の状況は変わります。

飛散防止フィルムが貼ってあると・・・

写真左半分:一般的なフロートガラス
写真右半分:飛散防止フィルム施工 

地震による揺れや強風による飛来物などで割れたガラスが、飛散防止フィルムに強力に貼り付いているので、文字通り飛び散る事を防ぎ止めてくれるので、その結果、いくつもの二次災害に起因する可能性を防ぎます。

 

飛散防止フィルムで確かな防災計画を。何事も準備が大事です。

BCP(事業継続計画)対策には飛散防止フィルムが必要とされています。

飛散防止フィルムの特徴

  • 地震や強風によって窓ガラスが割れても、フィルムに貼り付いているので、周辺にガラスが飛び散る事を軽減します。
  • JIS A 5759の規格で定められている各飛散防止試験をクリアしています
  • 飛散防止フィルムには紫外線を99%カットする性能も備わっていますので、お肌の保護、内装・家具・展示品の色あせを軽減します。
  • 透明タイプだと外観が全く変わらないので、建物の景観を崩しません。

 

万が一の災害時、割れたガラスから人命を守る飛散防止フィルムの施工をお勧めします。

安心できる防災計画を神奈川県のFILMCLAN(フィルムクラン)がサポート致します。

○ウィンドウフィルムを貼ってあることがほとんどわからない美しい仕上がりです。

○無色透明のため明るさはそのまま。見た目は今までと変わらず違和感のない生活を維持できます。

 

防災対策の飛散防止フィルム施工はプロの施工業者に貼ってもらう事をお勧め致します。

きちんとしたBCP対策は、お済みでしょうか?

神奈川県の窓ガラスフィルム施工専門FILMCLANにお問い合わせください。

おすすめ 透明飛散防止フィルム

  • グラフィル   SN50(無色透明)低価格でBCP対策・紫外線対策として弊社一番人気
  • グラフィル   SN50U(無色透明)※でこぼこしている型板ガラス用
  • ウィンドバリア SEC-2060(無色透明)外貼り用透明飛散防止フィルム    

また、その他全てのフィルムに飛散防止性能・UVカット性能が備わっています。


お電話でのお見積もり依頼・お問い合わせ
0120-703-244

お電話受付時間:9:00~19:00(土日祝日もご対応)