【窓フィルム施工エリア】神奈川県全域・東京都(世田谷区・渋谷区・港区・目黒区・中央区・新宿区・千代田区・町田市)・静岡県東部(伊豆)
Every day film construction.

窓ガラスフィルム施工  FILMCLAN


【神奈川】 〒242-0001 神奈川県大和市下鶴間2889-17

【東京】  〒158-0094 東京都世田谷区玉川3-20-2 マノア玉川第3ビル5F 

どうぞお問合せください

0120-703-244
お電話受付時間
10:00~18:00

暑いと体が疲れるのはなぜ?

自身の体温を下げたいがために

自身の体が、頑張って体温を下げようとしているためです。

暑い日に、体は体温を維持するために調整を行なっています。例えば、血管を広げて皮膚表面まで血液が流れやすいようにするなど。

こうする事で血液の熱を逃がすことができるので、冷却が進みます。暑くなると肌が赤くなる現象もこれが理由とされます。

そして、汗を流し、それが蒸発する事で皮膚は冷却されます。しかし、これを行うために心拍数や新陳代謝率が上昇し、その結果として疲れて眠くなったりもするのです。

脱水状態の後押し

多くの人は軽度の脱水症状で生活しています。暑い日に汗をかくと、その脱水症状は進行します。その結果、疲れとなります。

また、日光による皮膚へのダメージも脱水症状を悪化させます。日光が皮膚に当たる事で色素沈着が変化したり、シワや軽度の火傷などもあります。このような化学的変化も疲労の原因であるとされています。

体が、体へのダメージを修復しようとしているのです。

日焼けは体温調整機能を邪魔する

皮膚の日焼けを修復しようと、体の別の部分から体液が流用されてくるためです。その代わり、発汗に使う成分が減ります。同時に脱水症状が進み疲労となります。

暑い日をどう過ごすのか

暑くなると冷たいお酒を飲みたくもなる人も多いと思います。けれど、アルコールには利尿作用があるので、脱水症状が進みます。

脱水症状を抑えるために、よく水を飲み、塩分がある物を摂取すると効果的です。

また、果物では、スイカと梨などが疲労回復を促すとされています。

私自身も夏の朝と夜はスイカを多く摂るようにしています。

熱中症に要注意

暑い日に、汗が止まらない・心拍数の上昇・ぼーっとする・急な眠気などの熱性疲労を意識してください。このような症状が出たら涼しい場所でよく水分補給をする事です。その後1時間経過しても回復されないようであれば、病院に行く事をおすすめします。

さらに深刻になると、熱中症になります。体の芯が40度を超えている状態です。脳・心臓・腎臓・筋肉に悪影響が出る可能性もありますので、そうなる前に病院に行って診てもらうといいでしょう。

熱中症の症状には、体温上昇・気分の悪さ・吐き気・頭痛・思考の混乱、また呂律が悪くなる・痙攣・昏睡などの様々な症状があるとされています。

 

なんらかの理由からフィルムを施工できない窓や大きなFIX窓ガラスにも繋ぎ目なく施工ができます。

お電話でのお見積もり依頼・お問い合わせ
0120-703-244

お電話受付時間:10:00~18:00(土日祝日もご対応)