【窓ガラスフィルム施工エリア】神奈川県全域・東京都(世田谷区・渋谷区・港区・目黒区・新宿区・千代田区・町田市)・静岡県東部(伊豆)
Every day film construction.

窓ガラスフィルム施工  FILMCLAN


【神奈川本社】 〒242-0001 神奈川県大和市下鶴間2889-17

【東京営業所】 〒158-0094 東京都世田谷区玉川3-20-2 マノア玉川第3ビル5F
 

どうぞお問合せください

0120-703-244
お電話受付時間
9:00~19:00
毎日どこかで窓ガラスにフィルムを貼っています。

施行中の様子

マンション全階共用スペースへの透明遮熱フィルム施工です。オーナー様が透明遮熱フィルムを選ばれた理由は、共用スペースの紫外線対策(日焼け対策)、住人の方への暑さ対策(より良い住環境のご提供)としてです。

大きな窓ガラスにはガラス面中央で繋ぐようにフィルムを2枚貼ります。こちらの写真はまず左半分に透明遮熱フィルム、グラフィルの「NS60」を施工しています。透明系の遮熱フィルムではありますが、わずかに色がつきます。

窓ガラスから壁までの距離が30cmほどしか無い場所でも施工する事が出来ます。(その他の障害物の有無によっては施工出来ません。)

体全体が窓ガラスの目の前まで行けなくても、上半身さえ入り、ある程度、手が届けば施工出来る場合もあります。

屋外側にフィルム施工する場合には、必ず外貼り用フィルムを施工します。外貼り用フィルムは種類が多くありませんが、外貼り用フィルムでなければ耐候性が無く、劣化がとても早まります。

3Mの「ミルキークリスタル」は、確実に目隠し出来る事と、遮熱性・遮光性も優れています。色が濃い分、4辺の隙間を1mm以下にしないと目立ってしまいますので、要注意です。

3Mスコッチティント の「フロスト・シルバー1」の施工です。主に遮光目的として使用されるフィルムです。目に見える光を表す可視光線透過率が0.5未満ですので、ほとんどの光を遮蔽します。

フロスト・シルバー1は、暑さの指標となる遮蔽係数が0.09という事もあり、最大限に遮熱および遮光効果を得られます。ただし、このフィルムを貼ると景色が見えなくなってしまいます。また、フィルムの厚みが通常のフィルムの2倍あり、施工にも少し時間がかかります。

FIXタイプの網入りガラスに3Mの「NANO90S」の施工です。網入りガラスは熱の吸収率が高く、そこへ、遮熱性の高い透明遮熱フィルムを施工すると熱割れの危険性がとても高くなります。NANO90Sなら、ご覧の通り透明なので安全です。

ガラスの熱割れが起きた現場にて、ガラスの交換とフィルムの施工です。元々貼られていたフィルムはNANO80Sによく似た色のフィルムでした。(何を貼ってあったかはわからずフィルムの特定は出来ませんでした。)施工前の熱割れ計算は絶対に必要です。

遮熱ミラーフィルム、3M「アンバー35RE」の施工です。このフィルムはシルバーのミラーフィルムと違い、外から見た外観は落ち着いた雰囲気を出せます。室内に入る明るさを変えたくない方にはおすすめ出来ません。

明るい時間帯は室内から外がよく見えますが、この時、外からは鏡のようになり、外から室内を見ようとするには、ガラスに顔が付くような距離まで近づかないと室内を見る事は難しくなるので、遮熱効果やまぶしさ緩和効果と同時に、目隠し効果を得る事が出来ます。

遮熱ミラーフィルム、3M「アンバー35RE」の施工です。お客様がこのフィルムをお選びいただいた理由は、外部(建物の外)からパソコンへの不正アクセスを防ぐためです。金属含有量の多い窓ガラスフィルムは、電磁波をブロックする性質を併せ持ちます。

網入りガラスにミラーフィルム(ミラー遮熱フィルム)を検討する際に、熱割れ計算をすると、ミラーフィルムは施工できない事が多いですが、そんな中、アンバー35RE、またはアンバー35LEだと施工可能という判定になる事が多いです。

介護施設事務所にて目隠しフィルムの施工です。仕様は、オフィスやクリニックなどでよく使用されるフォグラスの「C-16」です。このように部分的に目隠しをしたい場合にとてもおすすめです。色は12種類、展開されています。

室内に施工したフォグラスの「C-16」がちょうど良い背景となり、その上で外側には社名とロゴマークの施工です。室内のフィルムは半透明で、外側の社名とロゴマークが明るいブルーですので、清潔感を演出します。

弊社では、店舗やオフィスまた各種施設のデザイン(ウィンドウサイン)をご提案して、それをフィルムに出力印刷し、施工まで承っています。お客様の方でデザインはすでに決定していて、施工だけという形ももちろん可能です。

看板屋さんは基本的に水を使わずに貼っていく事がほとんどですが、弊社は窓ガラスフィルム施工を専門としていますので、窓ガラスに貼る出力フィルムや切り文字も水貼り施工となり、看板屋さんより施工時間が長くなります。

戸建住宅1階部分に、空き巣対策として防犯フィルムの施工です。通常のフィルムの厚みがだいたい50〜100ミクロンのところ、防犯フィルムは300ミクロン以上ありますので、とても分厚く衝撃に強いフィルムとなります。使用フィルムはグラフィルの「SN350」です。

玄関上の窓ガラスに、防災対策として透明飛散防止フィルムの施工です。室内でも吹き抜けになっているスペースは脚立で届かない事もあり、そのような場合には仮設足場を設置してフィルム施工を行います。使用フィルムはグラフィルの「SN50」です。

会社事務所の南側の窓ガラスに暑さ対策(=節電対策)として、シルバーのミラーフィルムを施工しました。屋外にフィルムを貼る場合は必ず外貼り用フィルムを施工します。こちらのフィルムは3Mスコッチティント「シルバー15X」です。

既存のガラスが網入り型板ガラスなので、元々、室内の様子が見づらいガラスですが、シルバーのミラーフィルム を貼る事で、より目隠し効果が高くなり、遮熱効果にも大きな期待ができる事と、室内の日焼け対策にも大きく貢献します。

戸建住宅のカーテンレールが無い窓ガラスに、目隠しフィルムの施工です。建物の都合上、カーテンレールを設置できないケースは多く、このような場合、半透明や乳白色の目隠しフィルムが頻繁に採用されます。

お選びいただいたフィルムは、サンゲツのガラスフィルム「GF-713」です。このフィルムを施工すると窓ガラス全面が白くなりますが、暗くならず明るさを維持できます。表面もサラサラでさわり心地も良いフィルムです。

フィルムで目隠しをしたいけど景色を維持したい場所に、全面ではなく部分的にフィルムを貼る施工もおすすめです。街中でよく目にする機会が多いと思います。

目隠しフィルムは、端部の隙間が目立ちますのでできる限り隙間が目立たないように施工しますが、後々の事を考えて、わずかでも必ず隙間を作ります。

グラフィルのミラーフィルム 《RSP15》を施工中。室内からは外が見えるけど、外からは室内が見えなくなります。しかし、夜になり外が暗く室内が明るくなると、室内が鏡のようになりますので、ご注意ください。

窓周辺の暑さにお困りの方、まぶしさにお困りの方、窓を開けたまま自由な空間が欲しい方には、グラフィルのミラーフィルム 《RSP15》がオススメです。低価格でありながら素晴らしい効果を発揮します。

美術館などでは、来館されるお客様を守るための防災対策、展示品を傷ませないための紫外線対策として透明飛散防止フィルムを貼られます。

透明タイプの飛散防止フィルムを貼っても、室内から眺める景色に影響を与えません。

マンションでは、暑さ対策として透明遮熱フィルムまたは室内の色あせ対策として透明UVカットフィルムが人気です。

マンションのリビングの大きな掃き出し窓4枚にフィルム施工だと、平均して3時間ほどかかります。

グラデーション遮熱フィルム「NANOイルミナ」の施工です。下から上に向かって色が消えていくので、仕上がりは、雲の上にいるような不思議な感覚が生まれます。NANOイルミナは遮熱効果も備わっています。事務所のパーテーションなどは通常の「イルミナ」で十分です。

3Mのデザイン性の高いフィルムなどは、4辺の隙間を開けすぎると目立ってしまうので、出来る限り隙間を開けないようカッターで切り落とします。グラデーションフィルムに限らず色のついたフィルムは出来る限り隙間を狭くした方が良いですね。

マンションのエントランスなど共用スペースのガラスには、入居者様への安全対策および共用スペースの色あせ対策として透明の飛散防止フィルムが多く使用されます。

フィルムを圧着施工中ですが、ほぼ貼り付き完成に近い状態です。透明の飛散防止フィルムならマンション本来の自然な外観を崩さない仕上がりです。

店舗やオフィスなどの、空間を仕切る窓ガラスには、目隠しまたはアクセントのためにデザインフィルム施工が人気です。

フィルム施工面積が少なくても気兼ねなくお問い合わせください。喜んで承ります。

路面店の窓ガラスに乳白色の目隠しフィルムを施行中です。24時間、室内からも外からも見えなくなりますが、色が濃いほどに陽射しが優しくなります。

上下左右の端には、1mm〜2mmほどのエッジスペース(隙間)を作ります。ガラスは無機物で、フィルムは有機物ですので季節の温度変化によってフィルムがわずかに伸縮し、端部に乗り上げて気泡や剥がれなどの施工不良を避けるためです。

ウィンドウサイン・カッティングシートなどは、デザインから施工まで承ります。

飛散防止フィルムにデザインをプリントして宣伝効果・飛散防止効果・UVカット効果を同時に。

戸建住宅のカーテンが無い窓には半透明や乳白色の目隠しフィルムが人気です。

法人事業所やマンションだけでなく、戸建住宅にも窓ガラスフィルムが普及されてきています。

既製品フィルム幅より、幅の大きい窓ガラスには2枚のフィルムを繋ぎ合わせて貼ります。繋ぎ目部分は製品の都合上0.5mmほど隙間を作りますが、透明飛散防止フィルムだと繋ぎ目はほとんどわかりません。

透明飛散防止フィルムは、文字通り透明ですが、見る角度によって、虹彩現象と言い、とても薄くですが虹がかったような見え方もします。普通の透明ガラスに見えますが、透明飛散防止フィルムが貼ってあります。

窓ガラスフィルムはロール状になっていて、細長いダンボールケースに梱包されてきます。

窓ガラスフィルムは、とても繊細で簡単に折れてしまうので、細心の注意を払って裁断します。

1枚の窓ガラスでも2人で協力するとスムーズに施工できます。

人命を守る防災対策を念頭に置かれている施設では、透明飛散防止フィルムが積極的に導入されています。

右半分はフィルムとガラスの間に施工するのに必要な水が残っている状態。左半分はフィルムとガラスの圧着が完了している状態です。

透明飛散防止フィルムを圧着中です。この時にしっかり水が抜けていないと、不具合が起こる原因となります。

1階でも南側から入る陽射しは当然暑いです。シルバー系ミラー遮熱(遮光)フィルムは、明るい時間帯には目隠しとしても使えます。

シルバー系ミラー遮熱(遮光)フィルムは、夜など外が暗く室内が明るい場合には、効果が逆転し、室内は鏡のようになり外が見えなくりますので、注意が必要です。

何年も経過している既存の窓ガラスフィルムを貼り替えのため剥がす場合には、かなり注意が必要です。無理に全部引っ張るとガラスが割れる危険もあります。

右半分は既存フィルムに手を付けていません。左半分は既存フィルムの表面ハードコートとポリエステルは剥がれてノリが残っている状態です。フィルムとても強力に貼り付いているので飛散防止効果の期待値は大きいです。

窓ガラスフィルム貼り替えのため、既存フィルムを綺麗に剥がすため、洗剤水をたくさんかけて少し時間を置くとノリが柔らかくなり剥がしやすくなります。

しっかりと蒸らしたらスクレーパーという道具を使い、ガラスを絶対に傷付けないよう剥がしていきます。

 

グラデーションフィルムは会社オフィスでの人気がもちろん高く、最近では目隠しとして戸建住宅でも施工する事が増えています。

グラデーションフィルムの仕上がりはガラスに自然なくもりを与えるので、来客されるお客様にも圧迫感を与えません。

マンションでは室内内装の日焼け対策、快適な生活のための暑さ対策として、景色に影響を与えない透明遮熱フィルムが人気です。

マンションにお住いの方には、透明遮熱フィルムの「グラフィル・NS70」「3M・NANO80S」または、「クリスタルボンド省エネガラスコーティング」などがオススメです。

窓ガラスの形がこのように丸くても、フィルムを綺麗に貼る事が出来ます。シルバー系ミラー遮熱(遮光)フィルムを貼っても、明るい時間帯はこのように外がはっきりと見えます。

ミラー遮熱(遮光)フィルムは、明るい時間帯は、外側から室内がほぼ見えなくなります。外から見るとまるで鏡のようになっています。

マンションにお住いの方から一番人気の透明遮熱フィルムを圧着中です。ほぼ景色が変わらないのに遮熱効果があり、施工する側としても不思議に思っています。透明に見えますが、この状態はすでにNANO80Sが貼ってあります。

透明遮熱フィルムには、遮熱効果・UVカット性能・飛散防止性能が備わっています。グレードを上げると、防虫効果や防犯性能が備わったものまであります。

 

見た目は気にしないからとにかく暑さ対策をされたい方、室内が少し暗くなってもいいから太陽の眩しさをどうにかしたい方、明るい時間帯は外から見えないようにしたいけど室内からは外を見えるようにしておきたいという方には、シルバー系ミラー遮熱(遮光)フィルムをオススメします。

窓ガラスにフィルムを貼る際、基本的には製品施工の都合上、上下左右の端部分は1mmから3mmの隙間を作ります。色が濃いフィルムは出来る限り隙間を狭くします。

防犯フィルムはとても分厚く頑丈なため、あらかじめ窓ガラスより2mmから4mmほど小さいサイズにカットして施工しなければなりません。普通のカッターでは綺麗にカットできません。

戸建住宅1階の窓ガラスには全て防犯フィルムを施工される方もいらっしゃいます。複層ガラスでも、網入りガラスでも、強化ガラスでも、型板ガラスでも、防犯性能は備わっていません。


お電話でのお見積もり依頼・お問い合わせ
0120-703-244

お電話受付時間:9:00~19:00(土日祝日もご対応)